What's New

新たな細胞応用製品による
健康社会への貢献を目指して

幹細胞関連技術にナノテクノロジーとマイクロエンジニアリングを加えた独自の開発技術と先進的な研究成果とを統合させ、これを早期に実用化させる活動を通じて、事業創造による産業発展への貢献と、新たな細胞応用製品による健康社会への貢献を目指します。

3次元配向性心筋製品 SCAD-MT(TM) cardiomyocyte

ヒトiPS細胞を使った3次元配向性の高機能性心筋組織片「SCAD-MT cardiomyocyte」を開発しました。
この製品は、ヒトiPS細胞を低分子化合物を用いて心筋細胞への分化誘導を安定的に行い、ナノファイバー上で培養することで多数の心筋細胞を配向させ、実際の心臓の筋肉(心筋)に類似した構造を自律的に形成させています。

3次元配向性心筋製品 SCAD-MT(TM) cardiomyocyte

コアテクノロジー

従来の生物由来の分化誘導因子とは異なり、低分子化合物を用いることにより安全性/安定性が高く、心筋を安定的かつ高効率に分化誘導することができます。
またナノファイバーによる細胞足場を用いることにより、既存心筋製品と比較して高い配向性と安定した機能性を持つ三次元組織を実現しました。

コアテクノロジー

これらコアテクノロジーから生まれた心筋等の細胞製品が、新薬のスクリーニングや創薬安全性アッセイ市場で活用されることで新薬開発プロセスを大幅に効率化し、安全性を高めることに貢献します。
今後も継続的に創薬ツールの開発・販売を進めていきます。