テクノロジーTECHNOLOGY

わたしたちは京都大学物質‐細胞統合システム拠点(iCeMS)で開発された多能性幹細胞(ES細胞やiPS細胞)関連技術やナノテクノロジー/マイクロエンジニアリングの研究成果に、独自に開発したオンリーワン技術を加えて心筋等の組織片デバイスを開発しており、新薬のスクリーニングや創薬安全性アッセイ市場で活用され、新薬開発プロセスを大幅に効率化させ安全性を高める事に貢献できる創薬ツールの開発販売を行っています。

ヒトiPS細胞を、低分子化合物を用いて心筋細胞への安定した分化誘導を行い、緻密に配向制御したナノファイバー上で培養することで多数の心筋細胞を一方向に配列させ、実際の心臓の筋肉(心筋)に類似した構造を自律的に形成させています。
その結果、三次元の多層構造を有する心筋組織片デバイスが完成します。

国内外の製薬業界では iPS細胞由来の心筋細胞を創薬プロセスに応用することが検討されていますが、本格的な活用に向けて高い機能性(成熟性)とその安定性の向上が課題となっています。

わたしたちはこれらの課題を克服するために、次世代の細胞ツールとして高い成熟性と機能性を持つ細胞デバイス製品の開発を行っています。また新たな価値を持つ薬効/安全性評価系の開発も進めています。

またそれら先進的な細胞デバイス製品を用いて、よりヒトに近い応答性を活用した受託試験も実施しています。

異分野融合技術