会社概要ABOUT US

代表挨拶

当社は京都大学物質‐細胞統合システム拠点(iCeMS)で取り組まれてきた研究の成果を実用化することを目的として、2014年5月に設立されました。多能性幹細胞や万能細胞と呼ばれ、身体の様々な臓器組織の細胞に分化(変化)する能力を持つES細胞やiPS細胞を起点とする研究は、医療や創薬産業といった社会システムの中に組み込まれ、実用化されることで、多くの方がその研究成果を享受することができます。

一方で、先端技術を社会に実装するためには、特定分野の専門知識だけでなく、幅広い多くの知恵と経験を必要とします。特に新しい分野では、実用化へ向けていくつもの議論といくつもの試行、模索を行うことになります。このため当社では、京都大学から移籍したメンバーに加えて、多様な知見と経験を持つメンバーの参加によって、移転された技術をより深化させ、充分な信頼性を確保した量産化体制の確立に務めており、かつ、これら事業のグローバル展開も積極的に進めています。

さらには、実用化の為に独自に開発したオンリーワン技術や社外組織との共同開発、連携、支援をもとに、新たな細胞製品や新たな創薬評価系の開発と事業化も進めており、「幹細胞が生み出す新たな社会」の実現へ向けて、継続して研究成果の社会還元を進めて参ります。

代表取締役 CEO 加藤 謙介

会社概要

幹細胞と材料デバイス技術を駆使して新たな創薬と医療に貢献

幹細胞関連技術と材料デバイス技術を応用した細胞製品の提供を通じて、効率的な創薬プロセスの実現と医療の発展に貢献します。

使命

効率的な創薬プロセスの実現へ向けて幹細胞応用技術を提供します。さらに、ここで深化/安定化させた技術をもとに、実用的な再生医療技術の進展に貢献します。

目的

創薬アッセイで求められる機能と性能を満たした細胞/組織応用製品を開発し、高い品質をもって安定供給します。
細胞関連分野への展開を目指す企業との連携により技術統合/技術開発を促進し、新たな価値と事業を創造します。

会社名 株式会社 幹細胞&デバイス研究所
Stem Cell & Device Laboratory, Inc. (SCAD)
所在地・連絡先
本社

〒600-8491 京都市下京区鶏鉾町480番地 オフィス・ワン四条烏丸11階

TEL:075-744-1114

本社
研究室

〒602-0841 
京都市上京区河原町通今出川下る梶井町448-5 クリエイション・コア京都御車209号室

TEL:075-754-8910

研究室
設立 2014年5月29日
沿革
  • 2014年5月

    株式会社 幹細胞&デバイス研究所を設立

役員紹介

加藤 謙介

代表取締役 CEO
加藤 謙介 Kensuke Kato

1993年(株)日立製作所機械研究所、2000年から事業部へ異動し、設計開発課長として製品開発・事業開発を牽引。技術経営分野へ転向し、2008年東工大発ベンチャーを立ち上げ、製造業、公的研究機関を対象とした技術基盤の新事業開発戦略の策定と実行を通じ、先端技術の社会実装に携わる。2014年に株式会社 幹細胞&デバイス研究所を設立し代表取締役に就任。
東京工業大学大学院イノベーションマネジメント研究科博士課程修了 博士(技術経営)
東京大学大学院新領域創成科学研究科非常勤講師(MOTプログラム)、研究イノベーション学会 広報理事、日本MOT学会会員

中辻 憲夫

取締役最高顧問
中辻 憲夫 Norio Nakatsuji

  • 京都大学 名誉教授 (ウイルス・再生医科学研究所 連携教授)
  • 株式会社幹細胞&デバイス研究所 取締役最高顧問
  • 株式会社幹細胞イノベーション研究所 代表取締役
  • 一般財団法人中辻創智社 代表理事
  • NPO法人 京都SMI 理事長

1972年京都大学理学部卒、1977年京都大学理学博士。米国や英国など海外で研究活動のち国立遺伝学研究所教授や京大再生医科学研究所教授などを歴任。ES細胞、生殖細胞や神経細胞など、様々な細胞の発生分化および幹細胞研究を行った。国内で最初にヒトES細胞株の樹立に成功し分配体制を確立した京大チームを率いた。
2003年に大学発ベンチャー(株)リプロセルを設立(2013年6月に株式上場)。
2003-2007年京大再生医科学研究所長。
2007年京大物質-細胞統合システム拠点(iCeMS)設立拠点長。
2014年に(株)幹細胞イノベーション研究所および(株)幹細胞&デバイス研究所を設立し取締役に就任すると共に、一般財団法人中辻創智社を設立(代表理事に就任)して若手研究者など次世代を担う若者支援などの公益事業に取り組んでいる。

饗庭 一博

取締役 CTO
饗庭 一博 Kazuhiro Aiba

1989年筑波大学第二学群生物学類卒業、1994年筑波大学大学院生命科学研究科博士課程修了、博士(理学)。日本学術振興会特別研究員(1994-1996)、ERATOプロジェクト研究員(1996-2000)を経て、2000年より米国立衛生研究所(NIH)の国立老化研究所(National Institute on Aging)に留学。
2006年にNPO法人幹細胞創薬研究所の主任研究員、および理事に着任。NEDOプロジェクトのグループリーダーとして多能性幹細胞を用いた疾患モデル細胞の研究開発を遂行した。
2010年4月京都大学 物質-細胞統合システム拠点(iCeMS)に特定拠点講師として着任し、2012年12月iCeMS特定拠点准教授に就任。
NEDOプロジェクトやAMEDプロジェクトでは、他大学、企業との多能性幹細胞の培養方法や分化誘導方法に関する共同研究開発をコアメンバーの一員として推進した。
また企業との共同研究(地域イノベーション創出研究開発事業)の成果として神経細胞製品が販売されている。2015年10月当社に入社、現在に至る。

五ノ坪 良輔

社外取締役
五ノ坪 良輔 Ryosuke Gonotsubo

兼松(株)の投資・事業開発支援チームのヘッドとして、幅広い分野における国内外の事業投資、M&A、ベンチャー投資等を数多く推進。事業部に伴走してビジネススキーム構築、ビジネスプラン策定、投資契約交渉等、商社における新規事業開発の総合的な支援を行う。 自らも社内ベンチャーとして電気自動車充電インフラサービスやスマホアプリ等の事業を立ち上げた経験を持つ。
2015年9月より京都大学イノベーションキャピタル㈱にて投資を担当。
京都大学法学部卒業。カーネギーメロン大学MBA。